40代頭頂部ハゲサラリーマンの薄毛クリニック奮闘記

自分は関係ないと思ってたのに・・・。次第に薄くなってきた頭頂部、気になる周りからの視線、帽子に頼る日々・・・。そんな40代頭頂部薄毛(AGA)サラリーマンが一念発起!AGAクリニックで薄毛改善を目指す奮闘体験記です!

タバコは薄毛に悪影響?根拠となる調査結果や対策は?

身体に悪いのは知ってるけど、タバコは止められないんだよねぇ

年々喫煙者の人口が減ってるとは言え、根強い人気(?)を誇るタバコ

薄毛関係なく、タバコの害については色んなところで言われているので、わざわざここで取り上げたりはしません。

ここでのお題はただ1つ「喫煙は薄毛にも悪影響なのか?そうだとしたらその理由は?」

ここを中心に取り上げていきますよ!(お題2つか?)

タバコは薄毛にとっても良くないとされる根拠

f:id:dai52525:20181014180750j:plain

 

前回お酒と薄毛の関係について記事を書きましたが、このときは医師の間でも意見が別れていました。

www.hage-sayonara.com

でも、タバコに関して言うと「薄毛に悪影響」って話はあっても、「タバコと薄毛は関係ない」っていう医師の見解は見つかりませんでした。

喫煙者にとっては悲しいお知らせでございます。

主に見つかった根拠はこの2つ。

1.台湾の男性740人を対象にした調査結果

2.ハーバード大学による喫煙の影響調査結果

順番に見ていきましょう。

1.台湾の男性740人を対象にした調査結果

台湾の男性740名を対象に行われた研究では、非喫煙者と比較して、1日20本以上のタバコを吸っている喫煙者は、中程度または重度の脱毛を起こす可能性が2倍であり、研究者らは脱毛と喫煙との関連性はあると結論づけています。(Su LH.ら「Association of Androgenetic Alopecia With Smoking and Its Prevalence Among Asian Men: A Community-Based Survey.」Arch Dermatol 2007; 143:1401-1406)

引用:https://agablog.tokyo/medical-diary/1072

 銀クリにはもうちょっと詳細な結果が載ってました。

1.アジア系男性の脱毛症が発生するリスクは加齢に伴い増加するが、同年代の白人男性と比べると小さい。
2.Hamilton-Norwood分類において、中等度から重度のAGA患者には喫煙者が多い。(※オッズ比 1.77)
3.現在の喫煙本数が1 日20本以上の男性は、そうでない男性よりもAGAになる確率が高い。(オッズ比 2.34)
4.喫煙強度が高いほど(ニコチン含有量の高いタバコを吸う程)AGAが重症となる相関性が認められた。(オッズ比 1.78)

引用:https://gincli-aga.com/blog/2009/12/aga_5.html

 これによると1日20本っていうのが1つの目安になってます。

 

2.ハーバード大学による喫煙の影響調査結果

もう1つは、喫煙によってAGAの原因になるDHT(悪性男性ホルモン)が増えるってお話。

喫煙をすることで、AGAの原因となる男性ホルモン「DHT」が10%以上増加するという研究結果がハーバード大学の公衆衛生学部の調査により発表されています。

引用:https://www.mouhatsu-saisei.com/male/aga-cause/

 これは聖心毛髪再生外来ってクリニックのHPからの引用。

できれば、出典元を明記して欲しかったです・・・。

この話は他のクリニックでも書かれていたりするのですが、そのニュアンスは微妙に違ったりします。

タバコを吸うと、男性ホルモンが増えるといわれています。ハーバード大学の公衆衛生学部の調査によって、驚くべきことがわかりました。

それは、タバコを吸うことによって男性ホルモンが10〜30%増加するという結果です。

引用:https://gorilla.clinic/aga/hair/loss/smoking.html

 こちらは、ゴリラクリニックっていうAGA専門クリニックの掲載内容。

「男性ホルモン」って言うと基本的にテストステロンのことを指すと思うのですが、喫煙によって「テストステロン」が増えたのか「DHT(ジヒドロテストステロン)」が増えたのかによって話は大きく変わってきますよね?

 

ご存知の通り、男性ホルモン(テストステロン)と特定の酵素(5αリダクターゼ)が結びついて発生するのが悪性男性ホルモンと言われるDHT(ジヒドロテストステロン)。

5αリダクターゼの量は遺伝によって大きく影響を受けるとされるので、テストステロンが増えたからと言ってイコールDHTが増えるって話では無いハズ。

原著にはその辺がシッカリ書いてあるんでしょうけどね。

クリニックの先生方、お願いですから出典元を書いてください・・・。

 

喫煙によって薄毛になる機序って何?

f:id:dai52525:20181014180755j:plain

いずれにしても、タバコが薄毛にとっても良くないって話は一致しています。

1つ気になるのは、どういう機序で喫煙がAGAに悪影響を及ぼしているのか?って話。

先程の台湾の男性740人を対象にした調査について、銀クリには次のような話が載っていました。(内容は銀クリ院長じゃなくて、調査を行った博士の見解です)

同博士は、「喫煙と脱毛症の関係には、複数の機序が関与していると思われる」と指摘しています。
考えられる機序として、喫煙により毛包が直接破壊され、血液と発毛を促進するホルモンを循環させている毛乳頭が損傷される可能性やアンドロゲン(男性ホルモン)の作用に拮抗するエストロゲン(女性ホルモン)の産生が抑制される可能性を挙げています。

引用:https://gincli-aga.com/blog/2009/12/aga_5.html

 ここで挙げられているのは次の2つ

  • 毛乳頭が破壊される可能性
  • 女性ホルモンの産生が抑制される可能性

毛乳頭っていうのは、髪の毛の根本にある組織ですね。

f:id:dai52525:20180814214946j:plain

毛乳頭細胞は多くの細胞増殖因子を産生し、毛母細胞、毛包上皮細胞の分裂・分化に
強い影響を与える。
引用:http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-110825.pdf

毛母細胞の分裂は髪の毛の成長に重要とされます。

この毛乳頭が破壊されるということは、当然毛母細胞の分裂も影響を受けるわけで、これが本当ならタバコの害は薄毛にとって深刻でしょう。

 

もう1つの女性ホルモンが減少する話は・・・。

う~ん、どれくらいAGAに影響するんでしょうか?

女性の場合はエストロゲンの分泌量が薄毛対策として非常に重要とされますが、元々圧倒的に男性ホルモンの方が多い男性の場合はどうなのか?

まとめると

タバコがAGAに悪影響を及ぼす理由としては以下の3つの可能性が。

1.悪性男性ホルモン(DHT)が増える

2.毛乳頭(多くの細胞増殖因子を産生し、毛母細胞、毛包上皮細胞の分裂・分化に
強い影響を与える)が破壊される

3.女性ホルモンの産生が抑制される

目標は1日20本以下

f:id:dai52525:20181014180753j:plain

タバコがAGAに悪影響を与える機序は今ひとつ良く分からないところもありますが、ちゃんとしは調査結果や研究結果があるのも事実。

この辺から薄毛への影響を考えるならタバコを控える方がやっぱり良いのでしょうね。

・・・と言っても、「そっか、じゃあ今日から禁煙するか!」ってならないのが人間の性(笑)

私も依然は1日1箱くらい吸ってたので、お気持ちは分かります^^;

ただ、先の調査結果からも1日20本以下っていうのが1つのボーダーラインになるのかもしれません。

進行する薄毛は気になる

でも、タバコは止められねぇ

っていうアナタ!

まずは1日20本以下ってところから、始めてみては?

↓ 私のオススメとその理由をまとめました! ↓
管理人のオススメはこれ!